もじゃ毛に夢中。

トイプードルの母娘 ネル&リリィと飼い主マロ太の多頭WAN Life!

wb11.gif 更新情報一覧

迷子のトイプードルを探すブログ

詳細は専用ブログでご確認願います。




インフォメーション




いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
皆様のご訪問と応援が、更新の励みになっております。
お時間がございましたら、ランキングバナーを1日ワンクリック
してくださると嬉しいです。


犬ブログ広場へ にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
*投票のワンクリックのご協力ありがとうございました。





突撃!自宅のわんごはん。フードジプシーへの道。 




テンプレ、自分のも変更しようと思ったんですが・・・カラムが崩れるので、一旦やめました・・・(;´Д`A ```
う~~ん。今のテンプレにしてから、なんかあんまり良くないのですよね~。

色々、いじりすぎたかな・・・_l ̄l●lll

今、他のブロガーさんのテンプレも作成中~(´∀`*)ウフフ
またひとつお利口になることが出来たので、また次に作成することがあれば生かそうかと思いますヾ(*´エ`*)ノ









今回はフードジプシーだった時期について。

フードに迷ってる子羊ちゃんたちがたくさんいると思いますが、マロ太の記事は全然あんまり参考にならないかもです。
参考にというより、こんな感じで葛藤してたよ・・・という記録になってしまうかもしれませんが、最後までお付き合いください。
あ、興味がない方はスルーで。(-∀-`; )
本当は、昨日の夜書いていたのですが終わらなくてアップするのが今日になってしまいました。( ;∀;)


かつて、ネルも今では考えられないくらいの小食・偏食ちゃんでした。
最初にあげていたフードに問題があったという考えもありますが。

75koiiuhgtyyfd.png
*この写真のころもまだまだジプシー。

ウェットフードをあげてみたり、牛肉や鶏のササミをトッピングしてみたりとあの手この手で何とか食べさせてました。
栄養面がどうとか、考えている余裕は正直なかったね。
とにかく、食べてくれればいいよ!!という感じ。

最初に「愛犬○気」以外のドライフードをあげたのは・・・確かブラックウッド【BLACKWOOD】だったかな?

食いつきに関しては、最初は良かったです・・・。
どんなフードも最初はそこそこ食べてくれました。
でも、ネルは妊娠・出産を経験してるので、つわり時期はほとんど食べてくれませんでした。

つわりの時期は、毎食手作りしてました。とにかく、体重を減らさないことが目標で好きなもの食べてくれるもののみ。
それでも、ほとんど食べられないので1日に3回~4回くらいにわけました。
たかが2カ月。されど2カ月。(マロ太&ネルの育仔犬日記4)←参考記事。

試供品なども試したりしたけど、サンプルでは少なすぎて判断出来ないですね。
最低でも1か月くらいは試したいところ。
なので、初回のみ安価で送料無料にてフードを購入することが出来るメーカーはいくつか試しました。
量はメーカーによりますが、最低でも1キロくらいはあると思います。

確か、「NDFナチュラルドッグフード」は2キロ分無料で送られてきました。
無料なら、食べなきゃ廃棄できるし~♪(もったいないけど・・・)

jkioolnmhgfdcx.png

ちょっと話は前後しますが、ネルが出産した後にあげていたのは一度は食べなくなってしまったブラックウッド。
出産後、避妊手術後とネルの食欲は増えまくり、今では食欲魔犬になってます。

ブラックウッドも決して悪いフードではなかったと思います。
でも本当だったら、この時期は授乳期だったのでもっと食事に気を付ければ良かったな~と少し後悔。

原材料を見直すと、チョイチョイ気になる部分もあります。

ネルの授乳期が過ぎ、仔犬たちが完全に離乳食に移行したころ(マロンは既に里親さんの元へ行ってしまいましたが)
避妊手術を受け、1か月ほど「ロイヤルカナン」の避妊・去勢手術用にしました。
ロイヤルカナンが主催の「去勢・避妊手術」についての講習会に参加。
参加者には漏れなく、1キロ分のサンプルが送られますよ~という誘惑に乗せられて・・・。(つくづく、セコイ)

もともと、ロイカナはねぇかな~?と思ってたんですが、
やっぱりマロ太的には匂い・見た目・野菜をトッピングしたときの油?の浮き具合を見てかなり萎えました。

★原材料
とうもろこし、家禽*ミート、植物性分離タンパク**、動物性脂肪、米、とうもろこし粉、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、大豆油、魚油、酵母、植物性繊維、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-シスチン、L-チロシン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
*鶏、七面鳥
**超高消化性タンパク
主原料はすべて天然由来原料を使用しており、着色料を使用していない為、粒の色調等にばらつきがある場合がございますが、品質に問題はありませんので、安心してご利用ください。


とうもろこし粉、コーングルテンって結局同じものだよね~?この表記の仕方でもないな・・・って思ったんですが、
保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)コレは更にないね!!って思った部分です。
とか言いながら、1袋あげちゃったんだけど・・・。
今だったら、絶対あげたくないな~。(そのころにも思え!)


その後、ネルの食欲は増加したものの今度はリリィが食い渋りしはじめました・・・。
一難去って、また一難でございます。

・・・・こうして考えてみると、フードジプシーが加速したのは2わん飼いだから?と思うわ。(今、気が付いた!!)
ネルはほとんど好き嫌いなく食べてくれるので、今度はリリィの食べられるフードを追及しはじめることに。

ニュートロ【シュプレモ】

★原材料
チキン生肉、乾燥チキン、玄米、粗挽き米、米糠、 鶏脂*、乾燥ラム肉、乾燥サーモン、タンパク加水分解物、亜麻仁、ビートパルプ、オーツ麦、ひまわり油*、乾燥卵、トマト、ザクロ、ブルーベリー、クランベリー、パンプキン、ホウレン草、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、β-カロテン、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(L-カルニチン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物
*ミックストコフェロールで保存


このフードは案外、長い事あげてました。
食べないときは、トッピングの野菜や鶏のササミで食欲を促す感じ。
原材料も見た感じそんなに問題はないような気がしたし、コスパも良かったんですが・・・。
どうにもビートパルプの存在が気になってね・・・。

この頃のうんぴの量は多かった気がします。
1日に5回以上とか、1日2食しかあげてないのに?それも、回数はともかく一回の量がかなり多いんですよね。
ニオイは気にならなかったんですが、もしかして必要な栄養を吸収出来てないのでは?ってくらいに。
たまに緩かったりもしました。
うんぴは健康のバロメーターですからね~。要チェックです。

byuujkiomhng.png

ちなみに、仔犬たちが生まれる少し前からウェットフードはやめてました。
あげていた缶詰は「デビフ」。
こちらも今ならあげてないかもな~。「増粘多糖類」っていうのが激しく気になる成分です。
各フードを評価しているサイトや、書籍でも「△」印でした。

缶詰をやめた当時の理由は、父が他界しマロ太もマロ母も生活に余裕が出たからです。
父は肝硬変と腎不全を併発しており、透析も出来ないし手術も出来ない状態だったので、食事療法でなんとか命を繋げていたと言っても過言ではない状況でした。
マロ母は一日中台所に立っているような感じで、鍋も1食分とは思えないほど使って料理をしていました。
そんな家庭の事情もあり、ネルのために手作りしている余裕も場所もなかったのです。
マロ太自身も決して、体調がいい状態でもありませんでしたが。

ウェットフードをやめてからは、野菜を中心にたま~にお肉をトッピングし茹で汁も加えて水分も摂取出来るようにしていました。

bnhhyujkiop.png

ちなみにリリィも避妊手術後、食欲が増加し今では食欲魔犬になりました。(今までの苦労って一体・・・)

このあと、ソルビダ(SOLVIDA)・K9ナチュラルNDFナチュラルドッグフードなど、色々買い漁るもネットでの情報が氾濫しすぎてコワイことも書いてあったりで中々コレというものは決まらないまま。

ただ、カナガンだけは本気でもう二度と購入することはないでしょう。

★原材料
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

個人的な見解ですが、原材料表記を見る限り悪いフードだとは思いません。
あげてみて、特に問題がない子は十分だと思います。
しかし、マロ太が気になったのはやっぱりウンピの状態です。あと、体重の増減ですかね。
とにかく、すごく太りました。そして、ウンピが他のフードに比べて格段にクサイし固い。
何より、どの評価サイトもいい事しか書いていない、それもアフィリエイトで稼いでるだろ?というニオイがプンプンするのが気に入らない。(偏見?)







フードジプシーの中、生食にする前にフードローテーションも考えておりました。
様々な主たんぱく質を摂取することによって、栄養の偏りやアレルギーを回避するためです。
あくまで成犬になった現在特に健康に問題のないワンコの場合にのみ有効な手段だと思っています。

マロ太の場合、下記の4種類のフードで試す予定でした。

vgtyyfderwqa.jpg
*魚が主原料のフードは、もう一種類「FISH4」も候補でした。

これを3か月に一回の割合でグルグルとローテーションさせるというもの。
賛否両論もありますし、すでにアレルギーを持っているワンコにはお勧め出来ません。

キアオラ(KiaOra)ベニソンFINEPET'S(ラム&チキン)K9ナチュラル(ビーフまたはラム)PINNACLE (ピナクル)トラウト&スイートポテトもしくは「FISH4」。

先にも書きましたが、フードローテーションの目的は同じ主たんぱく質のフードを長期間与え続けると、その食材に対してアレルギーを引き起こす原因になりかねないことへの対策。
ひとつのフードだけで、全ての栄養バランスが摂取できるのかというと難しいということ。
ローテーションすることによって、ひとつのフードでは摂取出来ない栄養分を補い合う。
リコールが出て、販売禁止になってしまった際の対策。など。

まあ、結局は実行する前に生食になってしまったわけですが。
生食に関してはまた後日、触れたいと思います。そのときに今回の記事の補完も出来ればいいな~。
この記事、ちゃんとまとまってる?




関連記事



*インスタグラムやってます♪更新頻度は低いですけど。

Posted on 2016/02/24 Wed. 00:18 [edit]

category: ネル・リリィの食事

Trackback: 0    Comment: --





24

トラックバック

トラックバックURL
→http://mojanerumojalily.blog.fc2.com/tb.php/405-b8af712b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

ページトップへ戻る