もじゃ毛に夢中。

トイプードルの母娘 ネル&リリィと飼い主マロ太の多頭WAN Life!

wb11.gif 更新情報一覧

迷子のトイプードルを探すブログ

詳細は専用ブログでご確認願います。




インフォメーション




いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
皆様のご訪問と応援が、更新の励みになっております。
お時間がございましたら、ランキングバナーを1日ワンクリック
してくださると嬉しいです。


犬ブログ広場へ にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
*投票のワンクリックのご協力ありがとうございました。





震災について想うこと。 



簡単更新になりますが、2011年3月11日に起きた「東日本大震災」を忘れないため並びに、ワンコたちをどう守るか?考えたいと思い記事をアップします。

我が家は関東圏内です。
しかし、いつこちらでも大きな地震が来るかわからないですよね。

実際、3月11日こちらの方も震度5強という激しい揺れに見舞われました。
幸いなことに、我が家の周辺は停電も断水もなく事なきを得ました。
同じ県内でも場所によっては、液状化や計画停電などで大変な思いをした方もいらっしゃいます。
それを考えると、運が良かったとしか言いようがありません。

両親は外出しておりましたが、大きな揺れが収まってからすぐに帰宅したので、渋滞に巻き込まれる事もなく無事に帰って来ました。
ただ、深夜1時頃に叔父が3時間以上歩いて、我が家に泊めてくれ~と尋ねて来たのにはびっくりでしたが。
所謂、帰宅難民状態。
友人も会社の人に車で送ってもらったものの、帰って来たのは午前5時頃でした・・・。

倒壊した家などもなく、唯一の被害と言えば私の部屋が台風でも来たのか?ってくらい荒れた事・・・。
ベッドの上は本が山積み状態。
PS3がとんでもない所まで飛んでました・・・。(どういう事・・・?)







さて、その頃はまだ生まれていなかったネル。

ewqazzxc7842plhuuyt.jpg

来ないことに越したことはないのですが、どんなことにも絶対はないと思っています。
ネルを迎えて、翌年の同じ日にネルのために防災グッズを準備しました。

内容は以下の通りです。

・トイレシート 数枚
・う●こ袋
・リード
・タオル 数枚
・毛布
・ウェットティッシュ/ボディタオル
・フードボール
・冬服 3枚
・ドライフード
・ウェットフード(缶詰)
・おむつ

でも、これでもかなり足りないと思うのでこれから見直そうと思います。
しかも、今はリリィもいます。

nmbvf74532lopuythgd.jpg

2わんをどうやって一緒に避難させるか?フードなどの消耗品はどのくらい必要か?など課題はたくさんあります。
今は比較的、一緒にいることが出来ますが仕事をするようになった場合、母との連携をどうするのか。

マロ太がいない時は母が頼りです。
少しでも素早く迅速に行動できるように、よく話し合うしかないですね。


それから重要な避難所の問題。
ペット同伴可能な避難所も探さないといけないですね。

ちょっと検索しましたら、こんなサイトを見つけました。↓
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』



まだ詳細は全て把握してないんですが、地元の対応についても調べようと思います。
飼い主にとっては家族ですが、他人からすれば違いますからね。

いざという時は、車上生活も視野にいれています。

一番最悪のケースとして、はぐれてしまった時の対処ですが・・・コレは今出来ることと言えば、首輪に迷子札をつけ常に外さない事。そして、マイクロチップを装着すること。
うちは2わん共、マイクロチップを入れています。
うちの罹りつけの病院では、確か5000円ほど費用がかかったと思います。
が、ネルリリ共に「インターペット」の会場で装着したので、登録料1000円ですみました。

少しでも迷子になった際に手掛かりになればと考え、装着しました。
ちなみに、何かあったときの為に(震災に限らず)罹りつけの病院で登録ナンバーをデータに残して貰いました。
絶対に装着しないといけない物ではありませんので、参考になればと書かせていただきました。


897841kiolfds365mmnbv.jpg

まあ、自分もどうなるかわかりませんが、生きている限り家族を守るために何が出来るのか。
何をすべきか、もっと勉強しないといけませんね。

余談ですが、近所のワンコで震災を経験している子がいます。
余程こわかったのか、今でも地震には敏感ですし震災当初は余震も続き、一気に10キロ以上痩せてしまったそうです。

人間同様、ワンコもストレスを感じトラウマを抱える場合もあります。
いかにそれをケアしていくか。
難しいけど向き合って行かないといけないですね。





震災により、亡くなられた方にご冥福を申し上げると共に、
今も避難生活を余儀なくされているたくさんの方にお見舞い申し上げます。


関連記事



*インスタグラムやってます♪更新頻度は低いですけど。

Posted on 2015/03/11 Wed. 23:40 [edit]

category: ネルとリリィの記録

tag: 震災  避難所  防災グッズ   





11

コメント

まきまきさんへ 

こんばんは。

私の友人で、広島の方に住んでる人が震度1でも怖いと言ってましたw
男のくせに!!ww

震災時は色々考えてても、日常に戻ると忘れてしまいがちですよね。
私も、人間用は特に何もしてません~。
自分たちの分も見直さないと!!

夏なら裸族でもいいんですけどね。
あの日は寒かったので、季節も考えないと~と思いつきました。

URL | マロ太 #- | 2015/03/13 22:08 | edit

えみさんへ 

こんばんは。

タワーマンションは相当揺れたでしょうね。
私はあの頃、ハローワークに通ってたんですがその日も行くはずだったんです。
・・・が、体調が悪く延期にしたんですが、もし行っていたら9階だったのでかなり揺れたと思います。
後日、ハローワークに行きましたら職員の方がすごく揺れて怖かったと言ってました。
しかも、建物の壁にひびが~~~!!
延期して良かったです。

えみさん、大変でしたね。
でも、おばあさんと一緒にいてあげるなんて中々出来ないですよ!
余震もすごかったですからね。

うちは停電も断水もなかったので、本当に運が良かったのだと思います。

避難所、人優先なんですね・・・。その方がきっと多いんでしょうね。
いまのうちに、ワンコ同伴出来る避難所を探さないといけないですね。

うちも、人間用は微妙です・・・。
でも、トイレだけは本当に大変らしいのでたくさん準備した方がいいですよ!

URL | マロ太 #- | 2015/03/13 21:58 | edit

ゆずさんへ 

こんばんは。

私も同じです。
他のブロガーさんの記事で、全然準備が足りないな~と思いました。

実際に経験すると、思い通りにいかないこともたくさんありますよね。
私もあのときは一人だったので、一瞬何をすべきか混乱しました。

とりあえず、足を怪我しないようにスリッパで外に出ましたがA´ε`;)゚・゚

人間の方は救援物資が来ますが、ワンコはわかりませんからね。
私も買えるものは今の内に揃えます!!

URL | マロ太 #- | 2015/03/13 21:44 | edit

ハローマミーさんへ 

こんばんは。

災害なんて来てほしくはないんですが、人間と違ってワンコは飼い主が守るしかないですからね。
家が無事であれば避難所に行く必要はないんですが、何があるかわかりませんからね。

ネルは震災の経験はないんですが、地震にすごく敏感なのでストレスにならないか心配です。
リリィは地震が来てもきょとんとしてますがw

本当に、ペットも一緒に避難出来る場所が増えたらいいな~と思います。

URL | マロ太 #- | 2015/03/13 21:35 | edit

あるママさんへ 

こんばんは。

コメントありがとうございますw

あるママさんのお宅は3わんちゃんですよね?
多頭飼いでの避難は大変ですよね。何か参考になる情報がないか調べてみようと思います。

ワクチン証明書のコピー!!忘れてました~。
重要ですよね!!あと、考えたくはないですが迷子になったときのために、写真も必要ですね。
本当は家が倒壊などしない事を願うばかりですが。

震災時はまだマイクロチップの普及がなかったんですね。
私は先代犬から、かなりブランクがあるので、知りませんでした。
ただ、友人がマイクロチップを入れていたので、チャンスがあれば入れようと思ってました。

私もまだまだですので、今一度見直したいと思います。

スローペース更新ですが、これからも宜しくお願いします♪

URL | マロ太 #- | 2015/03/13 21:22 | edit

あゆみんさんへ 

こんばんは。

震災前に引っ越しされたんですね。
うちは私が小さい頃に1度だけ引っ越ししましたが、今でも行ける距離です。
社宅だったので、建物はなくなってしまいましたが。

災害時は電話もパンクしないように、繋がらなくされてしまうんですよね。
所謂被災地よりも、こちらの方は比較的大丈夫でしたが、千葉県でも海沿いは液状化したり大変でしたからあゆみんさんもご実家が心配でしたよね。

私は不幸中の幸いで退職し、家にいたので何事もありませんでしたが、帰宅難民になった友人も多くいました。
余震も3ヶ月続き、最初の頃は眠れなかったです。

何事も人命優先で、ワンコの避難がスムーズにいくのか心配ですよね。
ペット同伴可能な避難所が見つからない場合、車上暮らしも視野にいれてますが、願わくば家屋が倒壊しないことが1番ですよね。

本当に、災害なんてないに越した事はないんですが、日本は地震の多い国です。
出来るだけの準備は必要ですね。

URL | マロ太 #- | 2015/03/13 21:14 | edit

 

地震があまりない私の地方は平和ボケしていると言ってもいいかな…防災グッズ準備しなきゃといいながら未だにできていない…
震災後は真剣に考えてたのにね。今はらっきーがいます。消耗品て準備しても足りないですよね(>_<)
冬服と聞いてなるほどと思いました!そうですね、寒さ対策も必要だなと今思いました!

URL | まきまき #- | 2015/03/12 21:23 | edit

 

こんばんは!
あの日は、本当に怖かったです。
私は仕事でタワーマンションにいたので、かなり揺れました。おばあちゃんの一人暮らしで停電になったので「おんぶするから下におりましょう」って言ったら「私は、ここでしんでもいい!」って‼
結局、帰るに帰れず4時間くらい一緒にいました。
自分の子供のことも心配だったし不安でしたね!その後は会社から帰れない人を車で送ったり帰ったのは朝5じくらいで自分ちも停電‼
忘れられないです。

今はララもいるので、すぐ持ち出せるよう普段使ってる物は固めて大量に置いてます。
近所の避難所は人優先ですって答えだったので不安はありますが。
あと人間の物は手薄です(T_T)

URL | えみ #- | 2015/03/12 19:28 | edit

 

皆さんの備えや対策についての記事を読んで
気付かされることがたくさんあり感謝です。
震災や災害が起きると、冷静に判断して動くことが難しくなる場合もあるけど
普段から考えて備えておけば違いますもんね^^

うちもうたの防災グッズ、ただいま見直して揃えているところです(*^-^*)

URL | ゆず #GY2JnxUA | 2015/03/12 14:43 | edit

 

こんにちは(*^_^*)
そうですね、絶対なんてことはないですからね。
備えておけば実際に災害が起きたとき、気持ちの上でも少し余裕がでてくるでしょうし。そういう状況に瀕したとき、気持ちの持ち方も大事になってくると思います。
ワンコが避難できる避難所がひとつでも増えるといいですね。

URL | ハローマミー #- | 2015/03/12 10:47 | edit

 

こんばんは。
震災の日がくる度、愛犬の震災に逢ったらと考えてしまいますね。
我が家では、ミネラルウォーターやワクチン証明書のコピー、
愛犬の情報のメモ、フロントラインなどのお薬などをいれています。
今はマイクロチップが有りますが、震災時は普及していなかったんですよね。
とても有難いことで、我が家の仔全員装着しています。
私も今年はまだ見直していないので、マロ太さんの記事をみて見直さなければと思います。

リリィちゃんたちの育児日記も楽しみにしています♪

URL | あるママ #- | 2015/03/12 01:11 | edit

 

こんばんは☆

あの日から4年ですね。
私は震災の半月程前に実家の埼玉から大阪へ引っ越してきていました。
実家の周辺の震度は5弱
平日だったので母だけが家に居ました。
すぐに母に電話をしましたが、繋がらず。
とっても不安な時間を過ごしました。
母と連絡が取れたのは地震発生から3時間が過ぎた頃でした。
父と姉が仕事に出掛けていましたが、やはり連絡は取れず、2人とも帰宅難民になり徒歩で深夜に帰宅してきたそうです。
スーパーからは食材が無くなり、何度か大阪からお水やお米を送りました。
その点では私が大阪にお嫁に来ていて良かったと思いました。

我が家も ぷぅを迎え入れて、守らなければいけない小さな命が出来ました。
私も災害があった時にどういう行動を起こせば良いか、普段から旦那と話し合っています。
たぶん旦那は仕事だと思うので、ぷぅを守れるのは私しか居ないからです。
ぷぅの災害グッズも改めて見直さなきゃいけないなぁと思いました。
使うときが来ないことが1番の願いですが、備えておけば安心ですからね。

マロ太さんの記事を拝見して、避難所のこともしっかり調べようと思いました。

URL | あゆみん #- | 2015/03/12 00:57 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mojanerumojalily.blog.fc2.com/tb.php/198-ba5ef3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

ページトップへ戻る