もじゃ毛に夢中。

約10年のブランクを経て、久々にワンコ(トイプー)をお迎え。なんと今では2匹飼い。

wb11.gif 更新情報一覧


  ごあいさつ

 



いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
皆様のご訪問と応援が、更新の励みになっております。
お時間がございましたら、ランキングバナーを1日ワンクリック
してくださると嬉しいです。

コメント大歓迎ですが、お返事出来ない場合もございますので
予めご了承くださいませ。

  突撃!自宅のわんごはーーん!!予告編。 

 






いつか書くよ!!と言いながら、なかなか着手できないフードについて・・・。

そろそろ書きたいと思い、自分を追い詰めてみました。
予告しちゃったら、書くしかないもんね~~~(‐∀‐;;

つか、タイトルの元ネタ「突撃隣の晩ごはん」を皆さん知ってるのかは謎・・・。(ググれ~。Yahhoでググレ~。←コレも最早通じないか・・・。)



dcffrtyujnm.png
*写真はトリミング前のものです。

とんでもなく恐ろしいフードを食べさせていたあの頃。(無知すぎ・・・)
ホント、これ書いたらドン引きされそうですが忘備録として書きます。


vrttgynjkiop.png

ネルの食い渋りが始まったのをきっかけに、ネットで調べ今のフードがいかに危険かわかりちょっと格上げ。
しかし、ネルの食い渋り止まらずとにかく探す日々。

んhbgっゆじこ

でも、調べれば調べるほどわけがわからなくなるし、獣医師さんは食事に関してはあてにならないし・・・。
しかもこの頃はブログもほとんどやってなかったし。

cfrrtuji.png

そうこうしてる内に、ネルが妊娠。
つわりで益々食べなくなるという悲劇。
この頃はとにかく体重を減らすのはNGだったので、好きなものを食べられるものを!って感じで手作り食にしてた。

でrrftgv

そして・・・気が付けば、立派なフードジプシーに・・・。


んで、色々あってフードローテにしようと悩み生食になるまでの軌跡を書きます。←そんなに壮大でもない。
何回かにわけて書きますので、お付き合い宜しくお願いします~。




vftggyふ


本日は簡単にここまで~~。






*いつもコメント(*´∀人)ありがとうございます♪
お腹が空いて魂抜けてるネルたんに応援のポチお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ



category: ネル・リリィの食事






*いつもコメントありがとうございます。
みなさんのご訪問とコメントが更新の励みになっております。

コメントのご返信がいつも遅くてすみません。
徐々にレスさせていただいておりますので、お時間がある際に覗いてくださいね。

コメント欄を閉じている際は、お返事はお休みしております。

拍手コメントは開いていますので、ご用の方はそちらからお願い致します。
お問合せご質問に関しましては、お返事させていただきます。







  Trackback 0     Comment --



  突撃!自宅のわんごはん。初期フード編。 

 






前回の記事でネルがお預け状態でしたが、ちゃんと食べたので安心してください。(当たり前)
昔はスヌード嫌いでしたが、今では「スヌード=ごはん」なので自分から顔を差し出します。(。・w・。 )

okpplfvgtyuhj.png
*ネルたん、恨み節~。


はじめに書かせていただきますが、これから書く内容に関してはあくまでマロ太の考えであり、強要するものではありません。
手作り至上主義でも、生食絶対主義っていうわけでもないです。
今もワンコの食事に関しては悩める子羊ちゃんです。
同じように食事で悩んでいるオーナーさんの参考になれば・・・という思いで書きます。(あと、忘備録的な感じ?)
何しろ、今だ迷走中だもんね~。


「無知は罪」とはよく言ったもので、マロ太はフードに関してかなり無知・・・いや、今でもわからないことだらけなので知識があるとかないとかではなく、犬にとって何が必要なのかと考えもしてなかったです。
結論から言いますと、我が家では現在生食で落ち着きました。
でも、まだまだ知らないことばかり・・・。
栄養の偏りがないか、はっきり言ってあんまり自信はありません。(え・・・?)

vcfty0128.png

vfggty0131.png

今年に入ってからのネルリリの食事です。一部だけど。
馬肉をメインにしていますが、たまにサーモン・マグロ・鶏肉などもあげてます。
それに野菜(煮てます)ヨーグルト・内臓系・アマニオイルまたはサーモンオイルをトッピング。

塩分はあげてはダメ!!と思っていたのですが、実は健康なワンコならわずかな量の塩分も必要でした。
お勧めは「海藻」を塩抜きしたもの。天然の塩分とミネラルを摂取できるから。

こんな感じで今でも試行錯誤の中、栄養の偏らない生食を目指して日々精進中。
生食に関してはまた後日書きますね~。


opikjnmbgfrt.png

さてマロ太、過去に何度か書いてますが、ミニピンを飼っていたこともあります。
しかし、そのころは小学生・・・ワンコのごはんは母親まかせでした。

時代的に今のようにパソコンがあるわけでもなく、ワンコを飼っている知り合いもそれほどいない状態。
ミニピンは母の知人がブリーダーをしていたので、そこからお迎えしたためブリーダーさんお勧めのフードでした。
今となっては、何をあげていたのかわかりません。
量販店で購入しておらず、注文をしていたようではあるんだけど・・・。何だったのかしら~?

それでも、15歳直前まで生きたので変なものはあげてなかったと思う。


ちょっと話逸れたけど、ネルをお迎えするのは先代犬が亡くなって10年は経っていたころのこと。
いい歳したおばちゃんになっていたので、ごはんからシモの世話までマロ太がすることになるわけです。

で、最初にあげたフードが・・・。

lmvgtyffdcvb.png

愛犬元気のベストバランス!!!!愛犬の元気が逆になくなるかもしれんね・・・。
食い渋りが激しい子だったので(あくまで過去系)コレだけってわけじゃないんですが、どっちにしたって安価なフードばっかりでした。
まあ、金銭的なものが大半の原因だったんだけど。

bgひゅjjきお

原材料を見ると、穀類が主な材料になってます~。
ご存じかと思いますが、原材料はより多く使用しているものから記載されます。
つまりこの場合、肉類より穀類の方が割合が多いってことです。
しかも、肉類って何??
パウダー・ミール・エキスっていう表記もなんだよ・・・って感じ。(あくまで可能性だけど、肉以外の爪、羽、くちばし、トサカなどが含まれている可能性大です)

だいぶ前に他のサイトの記事で読んだんですが、「鶏副産物、チキンミール、ビーフパウダーなどと表現をぼかしている場合は要注意。」とのこと。
「副産物とは、鶏や牛から食肉部分を除いたもの・・・鶏でいうところの、クチバシやトサカ、羽根や内臓などがこれにあたります。血液や糞尿なども含みます。これら副産物を寄せ集めてレンダリングし、粉末状にしたものを「◯◯ミール」と呼びます。レンダリングされる副産物の中には、病死・事故死した家畜や、汚染された血液、ガン細胞に感染した器官が含まれることもありとても危険です。」なんてことが書かれていて怖くなった過去のマロ太・・・。

表記だけでは、愛犬元気の中にこのような副産物が絶対に入っているとは言いきれないけど、用心するに越したことはないのでスッパリやめました。
あとは、動物性たんぱく質を特に摂取しなくちゃいけない!という事に気が付き、肉メインのフードに変更しなくちゃ~ってな感じでフードを変えることにしました。←フードジプシーの始まり。

nhygfrrdcx.png

「銀のさら」←回る寿司屋じゃないよ。もあげた経験あり。でも、3日くらいで食べなくなったので、廃棄しちゃいました。

人間だってジャンクフードや、甘い物も食べすぎれば糖尿病になったり肥満になったり、身体によくないものを摂取してるんだけどね~。

45749858.jpeg

完璧な安全性を望むなら、それこそ自分で鹿や馬を飼って捌くくらいしないといけなくなるワケだし。
ちなみに、野菜はマロ母が自家栽培してるモノなので安心。

「愛犬元気」をディスってるみたいになってますが、現在も販売されている以上は問題がないからだと思います。
ずっと食べ続けてるワンコもいるはずだし。
もし何かあれば、リコール対象になることもあると思います。

そもそも、プレミアムドッグフードの中にも問題があって(サルモネラ菌など)調査されリコール対象になっているものも数多くあります。
このように考えていくと、手作りが一番いいのかな~?って思いますが、オーナーさんの生活環境によっては毎日は無理という人が大半ではないかな?
マロ太も今はヒキニートですが、いい加減に社会復帰しないといけないので、そうなれば今までのように手をかける時間は少なくなります。
各オーナーさんが、今出来る事をできるだけしてあげるという事でいいと思います。
ただ、明らかにこれは危険というものは避けたいというのが親心ですよね。

次回の記事では、フードジプシーになったマロ太の葛藤編を綴ろうと思います。







こんなにもっさりモサモサなネルですが・・・明日はおデートです~。

bghyyjuiop.png

ちょっとはマシな感じにして臨みたいと思います~。






にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ



category: ネル・リリィの食事






*いつもコメントありがとうございます。
みなさんのご訪問とコメントが更新の励みになっております。

コメントのご返信がいつも遅くてすみません。
徐々にレスさせていただいておりますので、お時間がある際に覗いてくださいね。

コメント欄を閉じている際は、お返事はお休みしております。

拍手コメントは開いていますので、ご用の方はそちらからお願い致します。
お問合せご質問に関しましては、お返事させていただきます。







  Trackback 0     Comment --



ページトップへ戻る