もじゃ毛に夢中。

トイプードルの母娘 ネル&リリィと飼い主マロ太の多頭WAN Life!

wb11.gif 更新情報一覧

迷子のトイプードルを探すブログ

詳細は専用ブログでご確認願います。




インフォメーション




いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
皆様のご訪問と応援が、更新の励みになっております。
お時間がございましたら、ランキングバナーを1日ワンクリック
してくださると嬉しいです。


犬ブログ広場へ にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
*投票のワンクリックのご協力ありがとうございました。





たかが2カ月。されど2カ月。(マロ太&ネルの育仔犬日記4) 



ネルの交配⇒妊娠⇒出産⇒仔犬が巣立つまでの記事です。
自分の回記録として、またこれから愛犬の出産を考えている方の参考になればと思いブログに残します。

あくまでマロ太の経験談ですので、医療的なことでお悩みの場合は必ず獣医師にご相談なさってください。

素人繁殖に反対という方は、このままお戻りください。








さて、前回は仔犬が出来たーーー!!ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
という所で終わりました。

犬の妊娠期間は約58~63日です。
日数だけ聞くと短い期間ですよね。マロ太もはじめて知ったときは「短っっ!!!」と思いました。
でも、そのたった2カ月がものすごく長く感じました。
そして、本やネットで調べただけでは知りえないこともたくさん経験しました。

ちなみにネルは、11月13日~14日あたりが出産予定日だと言われておりました。
早すぎても危険ですが、予定日から2日くらい経っても出産が始まらない場合は必ず病院へ行ってください。
遅すぎても危険です!!

分かりやすいように愛犬の出産総合サイト【犬の親子手帖】というサイト様の記事を一部引用させていただきながら、マロ太の実際の経験を書かせていただきます。

★妊娠前期
この時期はまだ受精卵が子宮へと着床していません。不安定な時期ですので激しい運動は避けましょう。シャンプーも安定期にはいるまで控えます。
子宮に受精卵が着床する頃、人間でいう「つわり」の症状が出て食欲が落ちることがありますが、一時的なものですので心配はいりません。


この時期は上記にあるように、我が家も散歩などはさせていません。
しても、ほんの数分だったと思います。
本当はトリミングしたかったんですが、ヒート中のワンコをトリミングしてくれるサロンがなく、完全にタイミングを逃してしまいました。
出来れば、妊娠・出産に備えて陰○や肛門のあたりはスッキリしておくのが理想です。
出産時は胎盤や出血などで結構汚れてしまいます。
この時ばかりはカットスタイルへのこだわりは捨てて、短くバッサリカットした方がいいですよA´ε`;)゚・゚
放っておいたらすぐ伸びますからね~。


★妊娠中期
妊娠中期には子宮に受精卵が着床して安定期へと入っていきます。軽い運動やこの時期に1度シャンプーしておくのもいいでしょう。


これね、知らなかったんです。(勉強不足です。はい。)
妊娠したら、シャンプーも一切禁止なんだと思っていたマロ太。
でも、汚れも臭いも気になるのでマメに濡れたタオルで拭いてました。
シャンプーをしみ込ませたタオルで拭き、そのあと綺麗なタオルをお湯で濡らしてよく拭きとるって感じ。
もしくは、市販のボディタオルを使用したりしてました。

散歩は相変わらず短めに。1日に1回のみです。
もっと運動しても良かったのかな~と今になれば思いますが、心配性のマロ太は怖くて短いコースで散歩してました。

ブログネル11
*ちょっとだけお腹が目立ってきた頃。


この頃から徐々にフードを妊娠授乳期用に切り替えていきます。高カロリーのためいきなり切り替えると体調を崩す恐れもありますので、今までのフードに少しずつ混ぜて増やしていきます。

何が大変だったって、食事ですね。
妊娠初期の頃に「つわり」による食欲低下っていう記述がありましたが、個体差もあるので何とも言えないんですがネルは出産するまで食欲が戻らなかったのです。

まず、フードを食べないんです。
「つわり」で空腹なのに食べられないからか、よく白いアワアワ状のものを吐いてました。
体重が落ちる事はなかったんですが、とにかく毎日どんな風にしたら食べてくれるのか?そのことばかり考えてました。
何しろ、おやつも受け付けてくれなかったので、よっぽど食欲がなかったんでしょうね・・・。

uhfgyew874231xnkllaz32.jpg

元々、小さい頃は食が細かったネル。
お腹いっぱいと感じたら、どんなにおいしいおやつも食べなかったんですよー。∑(*゚ェ゚ノ)ノ
今では考えられない事です。(最近はもう食うな!!っていうくらい食べます。)

苦肉の策として、手作りご飯に切り替えました。
本当はこれだと必要な栄養が摂れない事もあるのですが、食べないよりはマシということで始めました。

大好きな牛肉や豚肉。さつまいもやかぼちゃなど、普段は一切味付けしないんですが鰹節やら昆布やらで出汁を取ったりオリーブオイルで炒めてみたり。
粉チーズをかけたりもしたな~。ワンコ用の粉末ミルクもかけたね。

だがしかし、どれも撃沈・・・。

ごはん3

こんなちょっぴりの量を食べさせるのも苦労しました。
手であげたり、スプーンであげたりとにかくあの手この手を使って食べさせる日々。
時には、1日2回だった食事を3~4回に増やしてみたりね。
ネルの妊娠時は、本当に食事のことばかり考えてた事しか覚えてないくらいです。

罹りつけの先生に相談しましたが、体重が極端に減少していなければ大丈夫と言われました。
妊娠前のネルの体重は、3.1~3.3キロ辺りを行ったり来たりしていました。
それが10月31日には4.24キロまで増えていたので、とりあえず根気よく少しでも食べてもらうほかありませんでした。

ちなみに、この頃には胎児が3頭いることがエコー検査で確認出来ていました。


★妊娠後期
後期に入ったら、階段などの段差のあるところや高いところに行かないように注意を払いましょう。
抱き上げるときも腹部を圧迫しないように抱きます。
食欲も旺盛になりますが、胎児が胃を圧迫するために1度に食べられる量が限られます。1日3~4回に分けて与えます。


食欲旺盛・・・・・だったら良かったんですけどね・・・。
まあ、相変わらず食欲戻らず。

1日に3~4回にわける・・・・もうやってた。

rtygbh78521mkopssaq.jpg

まあ、色々大変でしたがそんな日々の中でも嬉しい発見もありました。
それは「胎動」。
「うううう動いてる~~~~~❤なんか、ポコポコしてる~~~~」(はしゃぎすぎ)


暇さえあれば、触って確かめるそして噛みしめる。ちょっと、変態な飼い主。
でもでも、これは母犬の飼い主の特権だもんね~。


hjumn78542ftoncx964.jpg

たいして食べないのに貫録だけは出てきたネル。

11月6日、レントゲン検査。
この時になって、なんと4頭入ってることが判明!!!Σ(`Д´ )マヂデスカ!?
てっきり、3頭だと思ってたんでマロ太もマロ母もレントゲン写真を見て「え~~~~!!!!」って声出ました。(病院なのにすみません)


余談ですが、エコー検査は最初に妊娠したか確かめるために1回はした方が安心ですが、極端な話交配がうまくいったという確信があればしなくてもいいのかな~と思いました。(マロ太の性格上、絶対したけど)
エコー検査では胎児が重なって、はっきりとした頭数が確認できないんです。

これについては、獣医師に相談して各個人の判断にて決めてくださいね。

しかし、レントゲンだけは必ず確認してください。
頭数がわからないと、出てこない仔がいても気が付けないからです。

そしてレントゲンでは頭数だけではなく、胎児の大きさを確認し母犬の骨盤状態も診てもらいます。
その時に、骨盤の幅よりも胎児が大きければ「帝王切開」の可能性が大きくなります。
我が家はとりあえず大丈夫でした。
時期は、出産予定日の1週間前くらいを目安にしてください。

cvfdpo96541weqammbv.jpg

さて、レントゲンで頭数が確認出来たら出産も間近です。
マロ太はレントゲンを確認した翌日から、ネルの体温を毎日朝・夜と1回ずつ検温を始めました。
検温する理由は体温で陣痛を予測するためです。(詳細は次回書きますね。)

マロ太は知らなかったので、ワンコ用の体温計を購入しましたが人間用でも大丈夫です。
ワンコ用のはちょっとお高いので。
出来れば、ジェルはあった方がいいかと思います。
お尻にさすので、そのままだと痛いかも・・・A´ε`;)゚・゚

カバーは検温する際に、う●こが付く危険性があるのでこちらも準備したほうがいいかも知れません。
代用出来るものがあるかもしれないので、調べてみてくださいね。

これも余談ですが、妊娠中期くらいからマロ太はネルのケージの側で就寝するようになりました。(←早すぎ)





もう少し、進めたかったんですが結構長くなってしまったので、今回はここまでにします。
相変わらず字が多いですが、仔犬登場まであと2回くらいで収めますので、もうしばらくお付き合いくださいませ。



わんぽいんと

★出産にかかる費用の目安。
診察料金 600円
レントゲン検査料 2枚 4500円
体温計 2800円
潤滑ジェル 210円





*インスタグラムやってます♪更新頻度は低いですけど。

Posted on 2015/03/18 Wed. 23:50 [edit]

category: 妊娠期の様子

tag: エコー検査  レントゲン  体温計  犬の出産 





18

ネル妊娠期の体温。(マロ太&ネルの育仔犬日記5) 



毎回書いてますが、個人繁殖に嫌悪感を抱く方はこのまま読まずにお戻りください。
ご了承の上で読まれ、気分を害しても当方では責任を負いかねます。


これから愛犬の出産を考えている方のご参考に、またマロ太の忘備録としてブログに残します。

過去の記事をご覧になりたい方は、トップ画下の【マロ太&ネルの育仔犬日記】というボタンをクリックして飛んでくださいね。










ネルの出産まで一週間前ほどから毎日、朝夕の体温を記録していました。
出産の兆候を把握するためです。

トイプードルの体温を測ることで予定が把握できます。
通常38℃前後の体温ですが、体温が下がりまた上昇することで出産の兆候が把握できます。(引用文)


ちなみに、うちのネルの体温の動きは下記の通りでした。病院で計るより、若干低いんですが・・・病院だと38.0~39.0くらいだったりします。
病院では緊張して、体温が上昇してる事もあるからかな~。うちでやると、検温する際にうんPに刺さったりして完璧かどうかも微妙だったり・・・。(うんPに刺さるとちょっぴり下がるのです)


☆ネルの体温

日付    朝    夕

11/7   37.1    37.5
11/8   37.2    37.3
11/9   36.6    37.4
11/10  37.5    37.2
11/11  37.2    37.0
11/12  37.4    37.6
11/13  37.9    36.0/37.4    *朝方 嘔吐
11/14  37.4    36.3/36.2/36.7/36.3 *朝方 嘔吐
11/15  37.1 / 37.8    *出産日



以上、こんな感じでした。
一応、検温とともに、体調についても記載してた~。(メモ帳見返したら書いてあった)

本当はパソコンでグラフを作ったり、細かくその日の出来事を入力するつもりだったんですが・・・それどころじゃなかった(´・ω・`)
なので、メモ帳にメモったものと病院に行った際に看護師さんが書いてくれた通院ノートを頼りに書き出しました。
なんだかんだ、気持ちに余裕がなかったんかね~。
今思えば、もう少しきちんと残したかったんですが。
実際はネルのごはんの事で頭いっぱい、いっぱいでした。

13、14日に何度も検温しているのは出産予定日だったからです。出て来なかったんですけど~。

tyuggbvfd854632mmn.jpg

検温=直腸で測る
38度代から37度代にさがるとお産の兆候(引用文)


と、よくネットなどでは書かれてますが多少のズレというか、環境の違いかな?検温の数字に誤差は出ますね。
実際、うちでは37°台が平均だったので。

で、今見直したら11/14は夕方から夜にかけて4回検温しています。
1回目夕方5:00、2回目夕方6:30、3回目夜8:30、4回目午前2:00。

予定日キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!! って事で、気合いを入れて検温してたんですね~。出なかったけど(´;д;`)ブワッ
しかし、検温の数値を見ると出産日の前日は若干体温が下がってます。

vcfdpol458263edswqa.jpg

補足ですが、まったく食べないと言っていいほどごはんを拒否し続けていたネルですが、体重は確実に増えてました。
前回の記事で10/31の時点では4.25キロと書きましたが、11/14に病院で計測したところ4.4キロになってました。

ε-(;-ω-`A) フゥ…やれやれ。
食事にはかなり苦労したので、無事に体重が増え続けてくれて良かったです。

妊娠がかなり後期に入ると、母犬が穴を掘るような仕草を見せます。
これは巣作り行動と言い、出産が間近に迫っているという事を意味します。
産箱を作り、道具を揃えるなどして出産の準備を始めましょう。(引用文)


上記もよくネットや本などで見ましたが、ネルは巣作りはやってません!!
産箱はかなり早い段階で作成してました。
でもね~、普段はまったく興味も示さずたま~に気が向くと入って寝てるくらいでした。

bvgtrrd8456oolpkhy.jpg

しかも、ケージに入れている状態ではまったく使ってくれず・・・。仕方なく、ケージから出してリビングに置きました。


経験してわかったのは、個体差がありまったくではないですが、本やネットで書かれている事が必ずしも当てはまらないという事。
とにかく、その場その場で臨機応変に対応するしかありません。

ワンコも大変ですが、見守る人間も相当なストレスを抱えます。

妊娠がわかってからの2カ月間、毎日早く出て来て~~~とそればかり思ってました。
無事に生れるかも不安でしたし、生れてからのネルと仔犬のケアの事を考えると、正直気が休まるときはなかったです。







わんぽいんと

よく散歩したり、ランなどに行くと他の飼い主さんから「姉妹ですか?」と聞かれます。
本当に血の繋がった姉妹というのは珍しいほうですし、ましてや自家繁殖で親子っていうのも珍しい方だと思います。

「いいえ、親子なんですよ」と返事をすると、必ずと言っていいほど「え!!産ませたんですか?」と少し驚きつつ興味深々で聞いてくる方が多いです。
別に嫌なわけではないですよwww
ただ、「うちも仔犬を産ませたい」とたまにおっしゃる方がいるんですが、犬の産婆さんているんですか?と聞かれるんです。
もしくは、病院で産ませるものだと思われている方も多いですね。
かくいう私も、友人が経験者でなければ知らなかった事ですから、知らないことがいけないとは思わないんです。
私だって経験することがなかったら、一生知らなかったですからねww

ただ「うちも産ませる予定だ」と言ってる飼い主さんには、産婆が存在していないことと病院で先生が立ちあってくれることはないという事だけは知っていてほしいな~と思いましたA´ε`;)゚・゚←余計なお世話?

帝王切開は別ですが、それでも自然分娩から帝王切開に切り替えなくてはいけない事態が起こりうる事は覚悟してほしいと思います。
ただでさえ、お産の時は飼い主も不安で心配でソワソワオロオロって感じなので、ある程度の知識と覚悟がなければ愛犬を守ることは出来ないですよね。






さて、次回はいよいよ「ネルの陣痛編」に突入です~
は~~今から記事をどう書くかシュミレーションしないと~~~

まとめないと、かなりとっち散らかった記事になってしまいそうなので。





*インスタグラムやってます♪更新頻度は低いですけど。

Posted on 2015/06/02 Tue. 22:34 [edit]

category: 妊娠期の様子

tag: 犬の出産  検温  体重 





02

ページトップへ戻る